Sarah's Diary

UK POPの歌詞和訳と関連記事から英語を学びます

2018年9月 イギリス旅行:②Salford & Northern Quarter編

そして翌日。
The SmithsファンにはおなじみのSalford Lads Club のほか、バーニー伝記本で読んだあのSalfordの空気をリアルに感じることができるかな?と少々興奮。

 

Salfordは市街地から離れているので、バスで行くこともできますが、とにかく「空気感を味わう」のが目的。お天気にも恵まれたので、中心地のPiccadilly Gardensから歩いて行ってみることに。

 

  • 一路、Haciendaへ

f:id:sarah_noir:20181208145651j:plain

マンチェスターの新スポット 'HOME' の看板

↑Tony Wilson Place なる場所があることを初めて知りました。
’HOME’は、その中の映画館や劇場、会議室などからなる複合型のアート施設のようです。

homemcr.org

f:id:sarah_noir:20181208124705j:plain

f:id:sarah_noir:20181208124646j:plain

通りを挟んで向かい合うライブ会場、GorillaとO2 Ritz

キョロキョロしながら中心地から15分くらい歩くと、Hacienda跡地のマンションに到着。

f:id:sarah_noir:20181007212704j:plain

入口にコンシェルジュがいるセレブっぽいマンション

隣のビルとの間の細い通路を抜けて、裏手の運河に出ると、かつてHaciendaでライブを行なったアーティストの碑銘が刻まれています。

f:id:sarah_noir:20181007212732j:plain

お手入れ不足の感、否めず

f:id:sarah_noir:20181208124510j:plain

FACTORYの設立者、Tony Wilsonもいます

f:id:sarah_noir:20181208124306j:plain

運河の土手はビルに遮られて日当たりが悪く、昼間でも少し物騒な気配。緊張しながら撮影。笑

 

  • そして、音楽ファンの聖地 Salfordへ

さらに西方向へ、A56という大きな幹線道路に沿って郊外を進んで行きます

f:id:sarah_noir:20181208124403j:plain

大きな川を越え、ここからSalfordの標識

f:id:sarah_noir:20181208124424j:plain

地元民の集うスーパーの前にもライブの告知

f:id:sarah_noir:20181005095331j:image

f:id:sarah_noir:20181208124341j:plain

中央分離帯の一つに "Salford Lads Club 左折"の小さな標識

そこを左折して2-3分歩くと、Coronation Street に出ます。この↓のあたりにも 「Salford Lads Club 右折」の標識あり

f:id:sarah_noir:20181208124523j:plain

'Coronation Street'

f:id:sarah_noir:20181005095333j:image

ついに到着!感無量!!
分かってはいたけど、平日なので開いてなかったのが残念。
Tシャツ、買いたかったなあ。

ちなみに私がちょうどヒースローに着いた日には、こんなイベントが行われていたみたい。

salfordladsclub.org.uk

地元の学童クラブのホールでこんなイベントがあるなんて!サルフォードっ子が羨ましい限り。「俺たちのマンチェスター」と言う地元へのプライドは、こうした早期教育のおかげもあるのかも?

f:id:sarah_noir:20181208161413j:plain

スクールバス、'Salford Lads & Girls Club'になっていました・・・やはり時代の流れか。

Salford Lads Clubの周囲は、想像以上に普通の住宅街。こじんまりとした2階建ての戸建てが立ち並ぶエリアでした。観光客と思しき人は私以外皆無で、車社会のせいなのか、人の気配がほとんどなく・・・世界中にThe Smithsファンが何人いるのかわかりませんが、やたらLads Clubへの案内標識が目につくのは、住人の平穏な生活に影響がないように配慮なのかな?と思いました。

 

  • Manchesterのいま ― Salford Quays

そこからさらに足を延ばし、近年BBCの巨大スタジオができたりと再開発が進むエリア、Salford Quaysへ。今や、BBCのスタッフの半数はここで働いているんだとか。前にバーニーがBBCのインタビューで「もはや、俺の知ってるサルフォードじゃない」と話していたけど、わかる気がします。だって雰囲気=汐留、って感じだもん。(海じゃなくて運河だけど)

f:id:sarah_noir:20181007212831j:plain

Salford Quaysのランドマーク

f:id:sarah_noir:20181007212819j:plain

バラエティ番組の撮影中でした

この辺りは先ほどの住宅街からさらに歩いて20分くらい。完全にウォーターフロント的雰囲気で、本当にここはマンチェスターなのかな?と言うくらい近代的。
ロンドンの一極集中を是正するために、新幹線を通してマンチェスターを10年越しで通勤圏にする構想があるようですが、マンチェスター独特の自由闊達でクリエイティブな雰囲気が失われないかは、少し気になります。

  • 音楽好きなら外せない、Northern Quarter

少し歩き疲れたので帰りは路面電車に乗り、あっという間に市街地へ戻ります。夜は楽しみにしていたNorthern Quarterのスポットを、いくつかブラブラと。

f:id:sarah_noir:20181208153451j:plain

Manchesterと言えば、蜂がマスコット

f:id:sarah_noir:20181208153331j:plain

f:id:sarah_noir:20181208153353j:plain

かつてJoy Divisionもライブを行なった Band on The Wall

f:id:sarah_noir:20181208154423j:plain

f:id:sarah_noir:20181208153609j:plain

f:id:sarah_noir:20181208153641j:plain

Piccadilly Recordsと店内のJDの写真(撮影承諾済)

レコードは荷物になるし、プレイヤーも今の自宅にはないので、買わないと決めていたんですが、↑のパリのライブ盤はジャケ写がとても印象的で。最後の最後まで迷いました。40年前の写真なのか・・・

 

  • Manchesterの魂を感じるなら、Afflecksへ!

今回の旅で、一番期待を越えたのがここAfflecks。ネットで見ても謎の存在だったのですが、音楽好きなら行く価値あると思います。例えて言うなら・・・ドン・キホーテサブカル版?

www.afflecks.com

f:id:sarah_noir:20181208153811j:plain

言葉では形容しがたい雰囲気です

元々デパートだった建物で、今は各テナント(と言っても狭い!)に個人のお店がゴチャゴチャ入っていて、いわゆるガイドブックに載っているような一般受けするムードではないのですが、インディーロックが好きなら絶対気に入る雰囲気。音楽関係のグッズも多くて、楽しいお土産が見つかります。(厳密にはライセンスものじゃないんだけど、それ含め雑多な感じがたまりません)

バンドTシャツはじめ、楽器やさんや手作りのグッズのお店、謎のギャラリー等々。私はUKロック好きの友人に、アルバムジャケットのデザインのアップリケやマグカップ、バッジなど買い込みました。

f:id:sarah_noir:20181208153540j:plain

Salfordまで行かなくても記念撮影可能 笑

f:id:sarah_noir:20181005095329j:plain

階段もHacienda仕様

f:id:sarah_noir:20181208155658j:plain

このゴチャゴチャ感がたまりません

f:id:sarah_noir:20181208155756j:plain

Tony Wilsonって、愛されてる&リスペクトされているんだなと感じました

 

ロンドンへの帰路も、予定通り2時間遅れてEuston駅に到着。笑
f:id:sarah_noir:20181005095328j:image
次回は是非、ManchesterでManchesterバンドのライブを見てみたいと思っています。
マンキュニアンの地元愛、すごそうだなあ。